ホワイトショット インナーロックが中国人にも人気がある!?

ホワイトショット インナーロックと言えば、POLAの美白サプリですが実は中国人にとっても人気があるんです。

 

かつては、中国人による「爆買い」で、国内のインナーロックが品切れになるほど売り切れてしまい品薄状態が続きました。

 

いったい、なぜそのような事態になったのか一つずつ紐解いていきましょう。

 

今回の記事では、POLA ホワイトショット インナーロックが中国人に人気がある理由を調べてみました。

 

現在、ホワイトショットやインナーロックに興味がある方はぜひ最後までご覧くださいませ。

 

インナーロックは中国では「美白丸」と呼ばれている

中国で販売されているPOLA ホワイトショット インナーロックの商品名は「美白丸」と呼ばれています。

 

なんだか、商品名を聞くだけでも「美白」になれそうですね。

 

一体、なぜその「美白丸」が国内のインナーロックを品薄にするほど、中国人に人気が出たんでしょうか。

 

中国人の美意識は年々高くなっている!

「美白」に対しての意識が高いのは日本だけではありません。

 

中国の場合も、ドラマや映画に登場する女優、また世間からの注目度も高いアイドルグループなど、みなさん美しい白肌をお持ちです。

 

そんな、憧れの女性のように自分もなりたいと思うのは女性なら当然のことですよね。

 

中国人は私たち日本人と比べても、かつては化粧品への意識は低かったものと考えられていますが、近年ではテレビメディアなどで活躍する方を見ては、美に対する意識が高くなってきている様子。

 

特に、スキンケア商品や美白ケア商品などで、多額のお金を使う女性も多くなり、多くの化粧品が売れるようになってきました。

 

中国人にインナーロックが売れる理由

一体、なぜ中国人にインナーロック(美白丸)が売れるようになったのか。

 

その理由はひとつだけでは、ありませんでした。

 

中国に比べて、価格が安い場合がある

日本で販売されている価格と、中国で販売されている化粧品の価格は違うことが多いです。

 

中国での販売価格は日本よりも高額に設定されていたり、販売店によったり個人間の売買でも割高なことがあります。

 

ですので、日本で安く購入してご自身や友人などへ買って帰る方も多いとのこと。

 

中には、転売目的で購入する方もいるので、純粋に「自分のためだけに」といったわけではないみたいですね。

 

中国製は中国人も敬遠しがち!?

中国には、やはり偽物があるのも特徴。

 

化粧品にも偽物が出回っていることがあり、実際に使ってみたら効果がなくて、よくよく見たら違う商品だった…なんてことも。

 

こういった風潮は、中国人の方々も把握しているため「なるべくなら日本で購入したい」と考えるようです。

 

商品に対する信頼性の高さや安全性などを考慮して、日本国内でインナーロックを購入する方が増えたのも理由の一つにあげられますね。

 

まとめ

中国人に日本のホワイトショット インナーロックが人気がある理由をお話ししました。

 

いずれも風潮的理由が多かったですが、ホワイトショット インナーロックが口コミでの評価が高いゆえにこういった事態を引き起こしたのかもしれませんね。

 

私たち、日本人も中国の方のようにより一層美白意識を高めていきたいものですね。