ルシノールの効果と安全性を知ろう!!POLAの努力の結晶!?

ルシノールと聞いても、POLA(ポーラ)の美白成分ということしか知らない方は多いのではないでしょうか。

 

実は、この成分「ただの美白成分ではない」のです。

 

この成分を美容に活かすまでには、POLAの長い研究時間が必要でした。

 

度重なる研究と経験を経て得たノウハウにより作り出された、いわば【努力の賜物】です。

 

今回は、この「ルシノール」について調べてみましたので、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

 

ホワイトショット

 

ルシノールには、どんな効果がある?

ルシノールに、期待できる効果の1つとして美白効果があります。

 

美白に対しての強いこだわりを持つポーラは、創業以来、度重なる研究で最も美白効果の優れた成分を開発しました。

 

それこそが、この「ルシノール」です。

 

ルシノールの正式名称は「4-n-ブチルレゾンシノール」といって、ポーラ化成工業の登録商標になります。

 

ビタミンC誘導体やアルブチンに代表される美白成分の一つで、クラレとポーラ化成工業が共同開発した成分になります。

 

ルシノールが生まれた不思議な経緯

ルシノールは、もともと美白化粧品として研究開発されていたわけではありません。

 

実は初めのうちは、メラノーマなどの皮膚疾患の適用を目指していました。

 

しかし、研究を進めるうちにそのメカニズムから美白化粧品の原料に転用できるのではないかと考え、POLAに共同開発の話を持ちかけました。

 

こうして、クラレとPOLAによるルシノールの開発に向けて研究が進みだしました。

 

ルシノールは他の美白成分より優れている?

ルシノールは代表的な美白成分である「アルブチン」の数百倍の美白効果があります。

 

( icon-chevron-circle-down  アルブチンとは?

ハイドロキノンを参考に開発された美白成分で、多くの美白化粧品に配合されています。

美白効果が高いうえ、副作用の心配も少ない美白成分になります。)

 

さらにルシノールは肌への浸透力も強いために、美白の実感をする人も多いんですね。

 

ルシノールでメラニン畜生を防ぐ

ルシノールは、チロシナーゼとチロシンが合体することで作られるメラニンの畜生を妨げます。

 

結果的にメラニンの抑制をすることになるので、美白効果も高まるというわけですね。

 

ルシノールの副作用は?安全性は高い?

ルシノールは天然の植物由来の美白成分になります。

 

刺激も少なく、白斑などの副作用の心配がないことも良い特徴の一つですね。

 

美白効果の髙さと、安全性の高さを兼ね備えた「ルシノール」は間違いなくおすすめの美白成分と言えるでしょう。

 

ルシノールが入っている化粧品は?

最強の美白成分「ルシノール」が入っている化粧品と言えば「ホワイトショットCXS」「ホワイトショットSXS」になります。

 

それぞれに特徴は違いますが、どちらにもルシノールは配合されています。

 

特にホワイトショットCXSの場合は顔全体用の美白美容液になりますので、顔の肌全体のトーンアップには納得の効果が得られるかもしれませんね!