美白サプリは白髪になる!?白髪の原因は「活性酸素」!?

美白サプリの副作用

美白サプリを使うと「白髪」になる噂をご存知ですか?

もし本当であれば、どんなに美白肌になってもサプリメントを使うことに躊躇してしまいますよね。

そこで、今回の記事ではその噂が本当なのか実際に調べてみました。

現在、美白サプリの購入を検討している方は参考にしてください。

 

美白サプリは白髪になるって本当?

まずは事実としては「美白サプリに白髪のリスクはあるのか?」という疑問についてお答えしますね。

この疑問の答えは「YES」で「NO」でもあります。つまり、現状でははっきりとした答えがないのです。

では、なぜ「美白サプリを使用することで白髪になる」といった口コミが広がったのか?そこには「L-システイン」という成分の存在が疑われました。

L-システインは

美白有効成分でも

代表的な成分です。

数多くある美白サプリには「L-システイン」という成分が、含まれているものがあります。

といっても美白サプリだけではなく、美容化粧品には含まれていることがありますね。代表的なものは「ハイチオールC」などです。

美白サプリの中には、体の代謝をサポートするアミノ酸【L-システイン】が商品の成分に含まれています。

「L-システイン」は、メラニンを抑制したりシミの改善に効果があると言われていますが、その美白効果の高さゆえに「毛髪の色素」までも薄くしてしまってるのではないか?とネット上の口コミで広まってしまったんですね。

しかし、先ほどもありましたように「L-システインの美白成分が白髪になってしまう」といった文献や研究論文はないため、現状では「L-システイン=白髪」とネットで、推測されているといった方が正しいかもしれませんね。

ほぼ、「噂レベル」といってもいいのかもしれません。では、もう少し話を進めましょう。

 

美白サプリで白髪になる原因

では、美白サプリで白髪になってしまったと仮定して…その原因を説明したいと思います。

実は美白サプリに含まれる「L-システイン」ですが、実は髪の毛の健康を保持するためにとても大切な成分なんです。白髪とは真逆の意見ですよね!

簡単にご説明しますね。

髪の毛の構成される成分は「ケラチン」と呼ばれるタンパク質が99%占めています。

ケラチンは18種類ものアミノ酸が結合してできているのですがケラチンの中には14~18%のLシステインが含まれているのです。

ここまで読むと「え?じゃあ、L-システインは発毛効果があるの?」と思いますよね。

実は、その通りなんです。といってもL-システインはあくまで「健康的な髪の毛をつくるための材料」と考えた方がわかりやすいですね。

L-システインが不足した場合には、髪の毛を作り出す力を十分に発揮できなくなってしまうんです。しかも、髪の毛は細く切れやすかったり、抜け毛が多くなるなどのデメリットがあるんです。

そして、そんな「健康的な髪を作る」上では欠かせない存在のL-システインが白髪になるリスクがあると言われる理由はおそらくこれでしょう。

「過剰摂取」。

L-システインは必要以上に摂取(過剰摂取)してしまうと、活性酸素が増加してしまうのです。活性酸素が増えると老化現象が現れ、体に影響します。

活性酸素が体に与える影響

 

・ しわやたるみが増えやすい

・ シミやそばかすができやすい

・ 認知症になりやすい

・ 白髪になりやすい

 

このようにL-システインの過剰摂取は、活性酸素を増やしてしまう原因になるのでメーカーで指定されている錠剤の数量より飲むことはやめましょう。

と言っても、美白サプリはそんなに一気に飲むようなものではないので「過剰摂取」に気をつけていれば大丈夫かと思います。

つまり、まとめるとこうなります。

「L-システインが含まれている美白サプリをあまりにも飲みすぎると、活性酸素が活発化して老化現象が加速して、白髪になるかも!!」といった感じですね。

L-システインが含まれて

いるか、いないかで回避

できますね。

 

白髪の副作用なし!ホワイトショットの美白サプリ!!

もし、L-システインが含まれている美白サプリが恐いなら、「ホワイトショット インナーロックIXS」などの美白サプリがおすすめです。

インナーロックは白髪になる恐れのある「L-システイン」が含まれていないですし、美白サプリとしては実力のあるサプリです。美肌サプリでは常に上位にランクインしています!白髪の報告ももちろんありません。

気になった方はチェックしてみてくださいね。

公式サイトはこちら

美白サプリで白髪になった人の口コミ

インターネットの、とある掲示板では、美白サプリを飲んで白髪になってしまった人の口コミを読むことができます。下記は、その一例です。

“ある大手の化粧品メーカーが出している美白サプリをずっと飲み続けていると、顔のシミには、効果が出てきたと感じていました。しかし、同時に白髪が、増えたようで気がかりになっています。

美白サプリが、メラニンの形成を抑えるにしても白髪防止の点から見ると逆効果になってしまい怖いです。このまま美白サプリを飲み続けるのが、怖くなってしまいました。”
結局、こちらの方は、美白サプリを飲むのを中止せざるを得なくなったようです。

活性酸素が増える原因はストレスや、睡眠不足、紫外線、タバコの煙…など発生する原因は実にさまざまです。なので、美白サプリを使ったことで白髪が増えたのであれば「美白サプリの飲みすぎ」や「自分の体質に合わなかった」などが疑わしいでしょう。

そして、白髪になる原因は誰もが持っています。たまたま、睡眠不足が続いていて一気に白髪になった。ストレスで髪の毛の色が薄くなるなども考えられます。

一概には、「美白サプリを使ったから白髪になったよ!!」とは言えません。

ストレスと美白サプリを使ったタイミングがばっちり合ったのかもしれません。

 

美白サプリで白髪になったのは…

結果から言うと、白髪が増えた理由は、「睡眠不足と疲労」などのストレス関係に影響するようです。

眠る時間も少なく、体も疲れ切っている方などは気をつけてください。

 

美白サプリで白髪になった場合の対処法

とは言っても、美白サプリを長期にわたり飲み続け、最悪白髪になってしまった場合の対処法も載せておきます!!ぜひ、参考にしてくださいね!!

念のために対策方法を

お教えいたします。

美白成分で白髪が増えると心配とされる成分は、「L-システイン」です。「L-システイン」の副作用を防止する成分として、ビオチンとよばれる成分があります。ビオチンは、ビタミンB群の一種で一緒に摂れば白髪の原因を増やしません。

そもそもビオチンとは、もともと白髪を防止するサプリメントでもあり、髪の毛にとって良い成分なんですね。髪の毛の主成分であるケラチンを合成するのにビオチンは、必要不可欠です。

もし、L-システインが入ってる美白サプリを飲むなら、ビオチンを一緒に飲むようにすると白髪を防ぐ予防策になるでしょう。ビオチンが、含まれているサプリメントもあるのでぜひチェックしてみてくださいね。