※美白になる方法を教えてください!!

女性なら白く透き通った肌を手に入れたいですよね。スキンケをしっかりやっているのにシミができてしまう、毎日欠かさず日焼け止めを塗っているのに日焼けしてしまうなど、美白に力を注いでいるのに結局うまくいっていないという人は少なくないはずです。

お肌が紫外線を浴びると、メラノサイトがメラニンを作り出します。このメラニンが肌の表に出てきた状態が日焼けですが、これは肌の奥に紫外線が入り込むのを防ぐという働きをしています。

しかし皮膚はターンオーバーをするので徐々に表に出てきたメラニンは剥がれ落ちていきます。

このターンオーバーのサイクルが、加齢やストレス、また紫外線の浴びすぎによって崩れてしまうとメラニンが皮膚の表面に残った状態が長く続き、シミになってしまうのです。

一口に美白といっても、日焼け止めを塗っていれば大丈夫、美白専用スキンケア用品を使っているから心配ないと思っている人は要注意です。それでは求めている結果は出ないことでしょう。

美白は様々な方向からお肌にアプローチしなければ効果は出にくいものとなります。今回の記事では、美白についての様々な方法を伝えます。

 

食事改善で美白になれる理由


美白のために肌のお手入れを熱心にする人は多いですが、実は美白といえば食事と言っていいほど肌の状態を良いものに保っていくために正しい食事は欠かせないものです。

美しい肌を作るためには食事改善をして体の中から整えていく必要があります。

しかし一つの栄養素を過剰に取ることは避けたいものです。偏った栄養素の摂取は体調を崩してしまい体調が崩れると肌の状態も悪くなります。

肌の状態が悪いとどんなに美白ケアをしていても体の健康状態が悪いので意味がなくなってしまいます。

ではどのように食事改善していけば良いかというと、ファーストフードやコンビニでの食事を摂りすぎない。お菓子を食べすぎないことが大切です。

特に脂質の取りすぎには注意しましょう。そして色々な食材をバランスよく食べるようにすることです。

 

美白におすすめの食事とは?

美白に効果的な栄養素はビタミンC、ベータカロテン、リコピン、ビタミンA、ビタミンEなどがあります。

ビタミンCはメラニン色素を抑制する働きがありシミができるのを防ぎます。これはレモン、ブロッコリー、パプリカなどに含まれています。

ベータカロテンは抗酸化作用があり老化防止に効果的なので美白をサポートします。にんじん、かぼちゃ、モロヘイヤなどに含まれています。

リコピンには紫外線によって作られるメラニンを抑制する働きがあり、日焼け防止に効果的です。トマト、にんじん、スイカなどの赤やオレンジの色素に含まれています。

ビタミンAにはレチノールという成分が含まれていて、これはコラーゲンを作る働きを助け保湿に効果的な成分です。

ビタミンEは活性酸素の増加を防ぎ、肌の老化を防止する働きがあり肌のターンオーバーを助けます。かぼちゃ、ナッツ、アボカド、キウイなどに含まれます。

これらの美白に欠かせない栄養素を効果的に摂取するためには生やさっと湯通しして食べられるマリネ、ボイルサラダなどや、煮物などの脂分少なめの和食で摂取するのが良いでしょう。

 

運動することで美白になれる理由

運動している人の方が運動をしていない人よりも美白の効果が出やすいと言われています。これはなぜかというと、運動することで新陳代謝が上がり、血行促進や成長ホルモンの分泌量が増えるという効果が現れるからです。

新陳代謝が上がると肌のターンオーバーの周期が安定しシミを防いだりメラニン色素が停滞することを防ぐことができます。

また、血行促進により老廃物が体の中に溜まるのを防ぎ、コラーゲンの生成を助けます

。代謝を高める成長ホルモンの分泌は加齢とともに分泌量が減っていきますが、運動により成長ホルモンが分泌され肌のターンオーバーを助けます。

このように運動することにより新陳代謝が良くなり肌の美白を助けることができます。

 

美白におすすめの運動は?

では、美白に効果的なおすすめの運動にはどのようなものがあるでしょうか。おすすめはウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。

20分以上の有酸素運動を毎日続けることが効果的です。しかし義務になってしまうと楽しく続けられませんので自分のペースで長期に運動することが大切です。

無理をせず、有酸素運動ができないときには一駅歩いたり階段を使うようにするという毎日の生活の中でできる運動を心がけましょう。

 

喫煙をやめることで美白になれる理由

肌のことを考えるとタバコは美白の大敵です。

タバコを吸うことにより血管が収縮して血流が滞ります。このことで栄養素が体に行き渡りにくくなり美白に効果がある新陳代謝を高めることができません。

またタバコは美白に必要な栄養素の一つであるビタミンCを奪っていくので肌のターンオーバーが乱れていきます。

これらのことからタバコを吸っている人は禁煙すると美白効果がアップすると言えるでしょう。

 

ストレスを抱えないことで美白になれる理由

美白のためには食べ物や運動に気をつけるだけではなくストレスを溜めないことも大切です。

一見ストレスと美肌とは無縁のように思えますが、ストレスが溜まることにより、食生活が偏ってしまったり睡眠不足になってしまい体調が乱れます。

また、ストレスは活性酸素を増やす働きがあるので血流不足となり新陳代謝が悪くなります。

このようなことから肌のターンオーバーをうまく行えなくなりメラニンが沈着してシミや肌の硬化を引き起こします。ストレスを溜めない生活を心がけることが大切です。

 

ストレスをためないように気をつけるべきことは?

ストレスを感じやすい現代社会ではストレスを溜めることにより、肌にも悪影響ですが精神的にも身体的にも悪影響なものとなります。

自分の性格をストレスを溜めないような性格に変えるというのも難しいものです。

ストレスを溜めないようにするコツは一人で抱え込んでしまわないことです。解決方法が見つからなかったとしても誰かに話したりするだけでスッキリとするものです。

また、ゆっくりお風呂に浸かったり好きな音楽を聴いたりしてリラックスできる環境を作ることも大切です。軽く運動して体を動かすこともストレス解消に繋がります。

 

紫外線を浴びないことで美白になれる理由

美白をするなら内面からの美白も大切ですが、紫外線対策をすることも大切です。

紫外線対策をしている人なら誰でも知っているメラニン色素ですが、これは美肌には大敵ですが実は肌を守るために存在しています。

肌が紫外線に当たると、紫外線が肌の奥に入り込むのを防ぐために表皮の一番下にあるメラノサイトという細胞が他の細胞の助けを借りてメラニンを作り出します。

日焼けをした後に肌が黒くなるのはこのようにメラニンが生成されるからです。

日焼けして黒くなった肌はターンオーバーにより新しい細胞に生まれ変わりますが、加齢や運動不足、暴飲暴食などにより肌のターンオーバーのサイクルが乱れシミができやすくなったり日焼けの黒さが元に戻らなくなったりします。

ですから紫外線対策をしっかりしてメラニンを作り出さないようにすることが美白のためには大切です。

 

紫外線を浴びないために気をつけるべきことは?

メラニンを作り出さないようにするために大切な紫外線対策ですが、紫外線は一年中降り注いでいるので日差しの強い夏だけではなく一年中紫外線対策をする必要があります。

紫外線を浴びないように気をつけるべきことは、まずは日焼け止めをしっかり塗ること、そして日傘や帽子、長袖の服で紫外線を遮断すること、見落としがちな目も紫外線対策が必要です。

目からも紫外線を取り込むのでサングラスをかけたりすることも大切です。紫外線を浴びてしまった後のケアもしっかりして次の日に残さないことが大切です。

 

美白美容液を使うことで美白になれる理由

美白美容液には美白成分が含まれています。主な成分にトラネキサム酸やアルブチンという成分が挙げられます。

トラネキサム酸はメラノサイトの活性化を抑制する効果がありメラニン色素ができるのを抑えます。また保湿を高める効果もあり肌をより美白しやすい状態に整えてくれる成分です。

アルブチンはチロシナーゼを阻害する働きがあります。チロシナーゼはメラニンと結びついて肌を黒くするメラニンを作り出します。

アルブチンがチロシナーゼの作用を抑えることによりメラニンが作られにくくなるので必然的に美白効果が高められることになります。

他にも美白美容液にはビタミンC誘導体やプラセンタエキスなども含まれているものが多く肌の調子を整えたりアンチエイジングにも効果があるので美白をサポートします。

 

美白美容液の効果的な使い方

美白美容液を使うときに気をつけたいのはスキンケアアイテムとともに使うときの順番です。

間違って化粧水、乳液をつけた後クリームの前に美白美容液を使う人も多いと思いますが、化粧水で肌を潤した後蒸発、乾燥を防ぐために乳液で蓋をしているのでその後に美白美容液を使ってもせっかくのスキンケアの効果が台無しになってしまいます。

さらっとしたもので肌に潤いを与え成分を染み込ませ、油分を含んだものでふたをするのがポイントです。

正しい順番は、化粧水、美白美容液、乳液、クリームの順番です。また、義は釘溶液を効果的に浸透させるためにはコットンではなく手のひらにとりゆっくりしっかりぎゅーっと肌の奥に入り込ませるように感じで浸透させていくことです。

 

スキンケアを見直すことで美白になれる理由

毎日のスキンケアを見直すことで美白効果を高めることができます。

メラニンの生成を抑えて肌のターンオーバーをスムーズにするためにメイクはきちんと落としてから寝ることや洗顔を丁寧にすることは大切です。

スキンケア製品はライン使いすることも大切です。しっかり化粧水を肌に染み込ませていてもクリームを塗らなければすぐに蒸発していってしっかりと肌に浸透していきません。

化粧水や美容液、乳液やクリームは必ず使って、肌に染み込ませた化粧水や美容液が蒸発していってしまわないように乳液やクリームで蓋をしてあげましょう。

また、夜だけではなく朝メイク前にもきちんとライン使いでスキンケアを行うことも大切です。このときに日焼け止めもきちんと塗ることも忘れてはいけません。

このようにいつものスキンケアを見直して丁寧にスキンケアをすることで美白につながります。

 

正しいスキンケア法

美白美容液を正しく使うことで美白になれますが、正しくスキンケアをして美白美容液の効果を十分に発揮させることが大切です。

正しいスキンケアの基本はクレンジングと洗顔です。

クレンジングをした後は必ず洗顔を行いましょう。クレンジングをするとメイクが落ちて肌が綺麗になったように感じてしまいますが、メイク落としはメイクや汚れを浮かせているだけなので毛穴の中まではまだ綺麗になってはいません。

クレンジングの後は必ず洗顔をしましょう。また洗顔をするときにも気をつけたいのが、しっかりと泡立てることと荒い残りがないようにしっかりすすぐことです。

しっかりとすすいでクレンジングで浮いた汚れを泡とともに落とすことで化粧水や美白美容液を肌に浸透させやすくします。

 

まとめ

美しい肌を保つためには美白は欠かせないものですが、この美白を保つためには紫外線をしっかりと防ぐことと紫外線を浴びることによって作られるメラニンを作らせないようにすること、食事改善や運動、ストレスを溜め込まないことなど、内側からも外側からもしっかりとケアをすることが大切です。

特に内側からのケアは見落としがちですが、体作りをしっかりと行い精神状態を良いものに保つことにより、より一層美白効果が高まります。

また、食事改善やスキンケアなど美白に必要なことを行うことは大切ですが無理をしないことも大切です。美白対策は短期間で効果が出るものではありません。

正しい生活と正しいスキンケアを長く続けていかなくては効果は現れません。

自分の生活スタイルにあった方法でゆっくりと長く続けていくことが必要です。 これにより心も体も肌も健康になり白く透き通った肌を手に入れることができます。