※クレンジングをやめたら肌がきれいになった話。

クレンジングをやめたら肌がきれいになった

クレンジングはメイクを落とすうえでは必須アイテムです。しかし、一日中肌に乗っていた化粧品を落とすわけですから、肌への負担もそれなりのもの。そこで、私はある時クレンジングをやめました。そうなんです。結果的に「クレンジングをやめたら肌がきれいになった」のです。

今回の記事は、そんなクレンジングをやめてみたお話をしたいと思います。

 

クレンジングとは

クレンジングやめた

クレンジングとは「化粧の汚れを落とすというもの」。化粧品の中でもファンデーションは基本的に油で出来ています。その油をクレンジング剤を使って浮かせます。しっかりとクレンジングで化粧を浮かせたら、後は水やぬるま湯で洗い流して化粧汚れを落とすということですね。

 

クレンジングは必要?

化粧をするようになって、クレンジングには洗い流しのタイプをお風呂でよく使っていた私。家中を探せば、それはもうオイルタイプやら、ジェルタイプやら色々クレンジング剤が出てきます。

適量を塗っては、顔中に塗りたくってメイクを馴染ませて洗い流す…すごくシンプルですよね。最近では、クレンジングはメイク落としだけではなく、毛穴を掃除するために使っている方も多いのではないでしょうか。

私自身、そうでした。しかし、ある時美容系の本を読んでいると、合成界面活性剤が入ったクレンジング剤はあまり良くないということを知りました。

なぜかというと、合成界面活性剤が入ったクレンジング剤は汚れを洗い流す力が強すぎるために、自分の肌バリアまでも壊してしまうということです。

合成界面活性剤配合のクレンジング剤には、この「肌バリアを壊し、雑菌の侵入力を高めてしまう」というデメリットが存在するらしく、なんと成分中の3割以上も配合されているというではありませんか。

ただ、お手軽さだけで自分の肌のことなど考えていませんでした。そこで私は、「クレンジング剤は本当に必要なのかな?」と思ったのです。

本当に自分の肌のことを思えば、クレンジングをやめた方が肌がきれいになるのでは?と考え始めたのです。

 

クレンジングをやめてみた

クレンジングをやめてみて

肌に一番負担がかかるクレンジング…このまま続けて肌がボロボロになるのか。「じゃあ、いっそのことクレンジングをやめればいいじゃん!」と考えました。

しかし、それではどうやってメイクを落とすの?毎日すっぴんでいるわけにもいかないし…と違う悩みも出てきます。そこで私は考えました。

それは「合成界面活性剤が入ったクレンジングをやめる!」ということです。そうです。界面活性剤が入ったクレンジング剤を使わなければ、肌への負担も減る。単純だけど、一番いい答えではありませんか。

 

肌がきれいになった

肌がきれいになっていく

結果として、クレンジング剤を変えたことで肌はきれいになりました。もう少し詳しく言うと、過剰なテカリや乾燥肌ではなくなりましたし、何よりニキビが激減しました。肌の調子が一気に安定するようになったのです。

考えた通り、合成界面活性剤の入ったクレンジングをやめたら肌がきれいになったんです。

まず、私がしたこととしては「合成界面活性剤が入っていないクレンジング剤」を探しまくりました。

今までは、「界面活性剤フリー」なんて書いてあっても「よくわかんないや」とスルーしていましたが、今となると欲しくてたまらない言葉。

 

楽天1位 ミムラクレンジングオイルがおすすめ

ミムラ クレンジングオイル

そして見つけた最高のクレンジング剤…「ミムラ クレンジングオイル」!!なんと、2018年の10月に発売されたばかりです。洗浄力がありながら、保湿もしっかりと行うという優れもの。もちろん肌にやさしい植物由来のオイルです。

 icon-check-circle-o 鉱物油フリー
  パラベンフリー
  タール色素フリー
  合成香料フリー

と4つのストレスフリーに加え、保湿効果の高いセラミド配合。まつげエクステにも使えるほどの優しいクレンジングオイルです。ちなみに香りはハーブの香りがして、リラックス効果も得られます。

私は、現在こちらのクレンジングを使っていますが、今までとは明らかに肌の負担が減ったように感じます。気になった方は公式サイトからご覧になられてくださいね。ちなみに現在楽天で1位を獲得しています。

 

公式サイトはこちら

楽天でさらに詳しく

 

ダブル洗顔はやらない方が良い

ダブル洗顔

ダブル洗顔とは、クレンジングした後に再び洗顔料で顔を洗い流すことですが、これがまた肌に負担をかけるんです。

だって、洗顔料にも合成界面活性剤は入っていることのですから!!私はいつも、市販の「皮脂をすっきり!!」とか「べたつきがなくなる!!」なんてキャッチコピーの入った洗顔料を使っていました。

しかし、そんな洗顔料には高確率で界面活性剤が配合されています。何も知らない私は、毎度毎度そんなさっぱり感のありそうな洗顔料を選んでは、肌のバリア機能を壊していたんですね。

ということは…今までの私は、「クレンジングで肌バリアを弱めた後、さらに洗顔で肌を痛めつける」ということをしていたわけです。それは、乾燥するはずですし、ニキビも出来るわけですよね。

ミムラ クレンジングオイルは厳選された植物オイルでメイクを浮き上がらせます。成分中には植物由来の非イオン界面活性剤を配合しているためにW洗顔不要です。肌にかける負担も最小限に抑えることができるんです。

というわけで、わたしは「合成界面活性剤の入ったクレンジングをやめたら肌がきれいになった」のです。肌の乾燥が激しかったり、過剰に皮脂が出る方はぜひクレンジングを見直してみてくださいね。

 

まとめ

クレンジングをやめたら肌がきれいになった

以上をまとめると、

 icon-check-circle  そもそもクレンジングは肌ダメージが一番強い

   肌荒れが続いたらクレンジングを見直してみる

   合成界面活性剤が配合されていないものを選ぶ

このような結果になりました。

年を重ねるほどに肌へのダメージは抑えたいものです。なるべく肌に負担のかからないクレンジングを行うことで、あなたの肌はみるみる回復していくかもしれませんよ。

「気付いたその日が一番若い」。といったように今すぐ実行に移してみるのもアリですね。日々、あなたの肌はあなたしか守れません。

今日よりきれいになった肌をクレンジングで変えていきましょう。

 

公式サイトはこちら

楽天でさらに詳しく