目のくぼみの原因と改善方法は?

目のくぼみは、老けて見られる原因のひとつです。目がくぼんでいるだけで、「暗い」「恐そう」などのイメージを持たれやすいですし、鏡を見るたびに自分に自信が持てなくなってしまいますよね。

しかし、目のくぼみを解消することができたら印象はガラッと変わるでしょう。今回の記事では、目のくぼみを解消するために必要なことをまとめてみました。

現在、目元の印象で悩んでいる方は最後までお読みください。

 

目の印象

男性が女性に対して、初対面で気にする顔のパーツ第1位は、「目」という統計結果がでています。

確かにまぶたがふっくらして、パッチリと開いた瞳は明るく爽やかなイメージがありますよね。男性は「目」を合わせて話す女性に好感を持ちやすく、自然と自分から話しかけてしまうようです。

しかし、そんな大事な第1印象のパーツに自信がなければ目を合わせるどころか、「あまり見ないでほしいな…」などと少し引け目に感じてしまいますよね。

本当は目を合わせて話したい気持ちはあるけど、疲れた目を見せたくはないですから。まぶたのふくらみは、若さの象徴でもあるので目のくぼみを改善するだけでも、自分に自信を持てるようになりますよ。

目のくぼみを改善するためにも、まずは目元が老けてしまう原因を見ていきましょう。

 

目の周りの筋肉低下

目の周りの筋肉が衰えると、まぶたが下がり気味になります。他人から見ても、目が小さく見えてしまうんですよね。自分でも、まぶたが下がってしまったことで「なんだか、目が全開に開かないな…」などの違和感を感じる方は多いのではないでしょうか。

目元の筋肉の衰えや、代謝の悪さを放っておくと目のくぼみが徐々に目立ってきます。

目元の代謝を良くするために、目の周りをマッサージしたりツボ押しするなどして筋肉を鍛えましょう。日頃から、程よく筋肉を動かしてあげることが目元の老化を防止する作の一つです。

 

加齢による目のくぼみ

ある程度の年を重ねたから、目元がくぼむのは仕方がない…。そう思っている方は少なくありません。

しかし、放っておいて治ることはありませんので改善策を取り入れましょう。年齢による目元のくぼみは筋力低下以外に「血流」の巡りが悪いことも考えられます。

血流が滞ると、疲れ目や目元の乾燥につながります。目元が冷えて凝り固まってくると老化のスピードを速めてしまいますし、朝から目が見えにくく、スッキリとしない「眼精疲労」の原因にもなります。

日頃から、蒸しタオルなどで目も周りを温かくして緊張した筋肉をほぐしてあげましょう。目を温めてあげることで、血流が良くなりまぶたの開きも改善されるかもしれません。